Last no,168Mのサイズ展開を増やしました

 

既存のサイズ展開から
US 6とUS 10 の木型を追加で製作。
これでUS 6~10(24.0cm~28.0cm)まで
ハーフサイズ刻みで製靴出来ます。

 

 

 

 

 

少しずつですが、浅草ShowRoomに
来ていただくお客様も増えてきました。


お客様とお話しできる機会は、
自分自身にとって新しい取り組みの
『 考えるきっかけ』になるので
とても有意義な意味のある時間。


その中で要望として多い声が、
『サイズ展開を増やしてほしい!』という声。


1人のお客様の為に、
1足からカスタムオーダーできる取り組み
ラッドシューズの
『 Handsewn Welted Collection 』

 

 

 

 

 


通常、機械で製靴する
『グッドイヤーウエルト製法』は、
工場を稼働させるため、
ロット数(生産する最低足数)の条件がある。
もちろん、工場を運営する為、
必要なことでもある。

工場の規模にもよるが、
滞りなく製靴する作業を
回転するために必要な木型の台数は
1サイズ平均5台以上は無いといけない。



ラッドシューズの
『 ハンドソーン・ウエルテッド製法 』は、

1人のお客様の為に、
1人の浅草の職人が、
1足から製靴する為、

木型は1台あれば取り組める製法。


今回はUS 6とUS 10の木型を製作しましたが、
それ以外のサイズの要望が御座いましたら
製作も可能。

ご相談ください。

 

 

木型no,168Mは
土踏まず部分のアーチサポートと、
つま先から甲部分にかけての
立ち上がりが美しい木型。


今は外羽根仕様の靴を
メインでデザインしているが、
内羽根仕様もイメージが出来る、

機能と美しさを併せ持った万能な木型

 

https://rutt-shoes.com/collections/handsewn-welted-collection

 

 


Previous news Next news