ABOUT

1針1針 丁寧に製靴する
ハンドソーン・ウェルテッド製法

靴職人の技術が詰まった靴 を体感してほしい





The Ruttshoes &Co.
(ラッドシューズ)は、

靴を製作する上で最も重要なのは木型と考えております。この機能美に拘った木型を採用したラッドシューズを “より多くの方に履いていただきたい” という想いから機械製造の『 Goodyear Welt(グッドイヤーウエルト製法)』を中心に展開してきました。ラッドシューズのグッドイヤーウエルト製法はオリジナルのパーツや仕上げ材を開発採用するだけではなく、裁断・縫製と、吊り込みと底付け加工、仕上げ等の工程を、特徴に合わせてそれぞれの得意とする浅草の工場に分けて製靴しているからこそ、他にはない、ラッドシューズの オリジナル が仕上がる、と考えております。

 



グッドイヤーウエルト製法は今後も追求し展開していく中で、この度、 新たにはじめた取り組みが『 Handsewn Welted(ハンドソーンウェルテッド製法)』(※ラッドシューズは底付けのみミシンを使用する九分仕立て)になります。靴製作に取り組んでいく中で、このオリジナルの木型を忠実に表現したい という想いが大きくなり、考案していると職人の手で製靴する、ハンドソーンウェルテッド製法に行き着きました。



ただ、同じ木型、同じ革を採用しても、それぞれの靴職人によって吊り込みのテンションの強弱、縫い位置・幅の違いがあります。試行錯誤を繰り返し、ラッドシューズの完成形の イメージ と 想い を共有している浅草の靴職人、一人と取り組んでいます。


ラッドシューズのハンドソーンウェルテッド製法は、ウィズ変更等のカスタムは承っておりません、機械生産のグッドイヤーウエルト製法のみしか履いたことのない方に、是非、靴職人のハンドメイドで製作する靴を体験していただいという想いで取り組んでおります。

靴職人が1針1針、丁寧に製靴したラッドシューズを、触れて、履いて、喜びを感じていただきたい。
私たちの心からの願いです。

View  All Collection












製造工程の流れ





  『 吊り込み 』の工程で職人が革の特徴と表情を把握しながら、縫製された甲革を木型のどの位置に落とし込むか確認し、アッパー革とライニング革をそれぞれ一箇所ずつ引っ張り、全方向意識しながら吊り込んでいく。手間と時間は掛かるが、その分、甲革・ウエスト・踵・トップライン等を木型どおりに吊り込み、しっかりと這わせることができる為、木型のラインを成形でき、仕上がりの美しさとフィッティングの向上に繋がる。




アッパーとウエルトの取り付けを100%手縫いで行うハンドソーンウェルテッド製法は、ウエルトと中底革を掘り起こしたリブに直接縫い付ける為、ソールの反(かえ)りが良く快適な履き心地にくわえ、コルクフィラーが薄く沈みが少ない為、履き始めからジャストサイズを履くことができます。




コルクを全体に敷き詰めた後、底面部分は平らにしながら、外側にかけてアーチ型になるよう削り、地面と接着した際の足馴染みだけではなく、完成時のシルエットにも拘る。
 




 

靴の外周部分のウエルトパーツは、履いて上から見た時、靴全体の印象に繋がる。その為、はじめから目付けしてあるウエルトは使用せず、職人の手でひとつひとつ 出し縫いのピッチ幅に合わせて均一に目付けを施す。そうする事で、深く刻まれた跡がより印象的になり、存在感のある靴に仕上がる。






アウトソールはライフスタイルに合わせて、オリジナルラバーソールかレザーソールの選択が可能。






木型は吊り込みから仕上がりまで約2週間、時間をかけて革は木型に沿うように成形される。

製靴している靴職人によって、オリジナルの靴型を使用し、純正パーツで修理可能。


オーダーの流れについて